密葬とは?

最近は、密葬という言葉をよく耳にします。
密葬というのは、改めて亡くなられた方の社葬や本葬を行う場合に、
まずは、遺族や親族、親しい友人や知人を呼んで、
お葬式をあげることです。

密葬の後に、たいてい社葬や団体葬、それからお別れ会といった本葬が、
執り行なわれることが多いです。

密葬は、遺族の事情や、亡くなられた方の生前の希望などによって、
一般の会葬者は呼ばずに、
遺族や親族、また亡くなられた方の親しい友人や知人といった、
ごくごく親しい人だけで、お葬式を執り行なうことになります。

しかし密葬は、一般的なお葬式と何ら違いはありません。
ただ、僧侶や神官、神父や牧師といった人を招かなければいけない…ということはありません。
どうお葬式をするのかは、遺族や親族が決めることができます。

密葬でお葬式をあげるのであれば、葬儀に参列する必要はないでしょう。
また遺族や親族の希望を持って密葬にしているわけですから、
参列しない方がよいでしょう。

家族葬が安い葬儀社はコチラ